データベースマーケティング

データベースマーケティングを一言で定義すると「データベースに蓄積された購買履歴や顧客属性をもとに、顧客のニーズを探りだし、ダイレクトに顧客にアプローチするマーケティング手法」と言えます。
データベースマーケティングの主な目的は、新しい顧客の獲得よりも、過去に商品を購入していった既存の顧客を継続的に管理し、顧客あたりの購入額を増やすことにあります。つまり、データベースマーケティングは顧客を引き止めることに重点をおいたマーケティング手法であり、リレーションシップマーケティングと深い関係を持ったマーケティング手法です。

 

 

データベースを利用して、マーケティングプログラムの戦略開発、テスト、実施、測定を継続的に行い、顧客の購入パターンや動向に関するデータを十分に分析・活用することで、顧客の購入動機について的確な把握ができるようになり、潜在顧客をロイヤリティ顧客へと成長させることが可能となります。弊社では、webサイト制作・オンデマンドパブリッシングなど様々なノウハウを活用し、有益な顧客データベースを十分に活用できるサービスをご提供します。